日々のできごと

制作の仕事に携わって20余年。

チラシやPOPのコピー、そしてブログのタイトルなどは、その重要性を理解しているからこそ今でも難しいと感じます。
いざ自分で考えると文章や言葉はそう簡単には浮かびません。
やはり日々の鍛錬が大事だと痛感します。
いろんなものを見たり、聞いたり、感じてそして考える。
その積み重ねが後々自分の糧になります。

クライアントに喜んでもらえるか、その先のお客様に届くか、そういうことを意識しながら響く言葉を探します。

コツは短く要約すること。
一番伝えたいことを一言(一文)でまとめられると上出来です。
それが長々とした文章だと伝わりにくくなります。

ネットニュースの世界では短い文章が好まれます。
しかし、単に短いだけではアクセスは稼げません。
ネットユーザーが好みそうな話題を、好む文脈に沿って短くまとめるからこそ、アクセスにつながる。

伝えたいことを簡潔にまとめる練習
余分な情報をそぎ落としてまとめる練習
これを考えながら言葉を考えましょう。

ネット上には参考になるサイトが数多く存在しますが、私は新聞の投書欄や雑誌の広告など、紙面上の活字を読むことで、より体温を感じる文章を生み出すヒントにしています。

難しいですが、鍛錬あるのみです。

◆Y.Okadome

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る